遺言・相続の問題は

遺言・相続というと,「たいした財産もないのに」,「縁起でもない」などと考えてしまいがちですが,「遺産をめぐる骨肉の争い!」と言う言葉を見たり,聞いたりしている世の中です。まさに死んでも死に切れないとはこのことです。遺産に関する権利をめぐる争いは年々増える傾向にあり,防止する手段として遺言の重要度が人々の間で高まってきていると言えるでしょう。

しかし,遺言の存在や内容の真実性が保証されていなければ,かえって余計な争いが生じてしまいます。このような争いを防ぐためにも有効な遺言を残しましょう

このページの上部へ