相続(そうぞく)

亡くなった人(被相続人)の財産を、残された妻や子どもなど一定の身分関係にある人(相続人)が引き継ぐことをいいます。 亡くなった人が遺言を残していれば、原則として、これに従って遺産が承継されます。

あるいは、相続人間の協議によって遺産の分配方法が決まれば(これを遺産分割協議といいます)、これに従い遺産が分配されます。 遺言がなかったり、相続人の協議が調わないときには、家庭裁判所の調停・審判という手続きを利用することになると思われますが、その場合、「法定相続分」を基準とした遺産の分配となることが多いです。

このページの上部へ