【公正証書遺言】こうせいしょうしょゆいごん

遺言書の代表的なものとして「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」の2種類があります。

「公正証書遺言」は、遺言者が証人2人以上の立ち会いの下、口頭で述べた内容を公証人が公正証書として作成します。

原本はそのまま公証役場に保存され、本人はその写しをもらうという形になっているため、紛失、改ざんなどの危険もなく、安全です。相続が発生したあと遺族は公証役場に行けば被相続人が遺言書を作成しているかどうかを確認することができます。

ただし、作成・保管を依頼するためには手数料がかかります。金額はその遺言の対象となった財産の価額や相続人の人数によって違ってきますので、注意が必要です。

このページの上部へ