【推定相続人】すいていそうぞくにん

将来相続が開始された場合に、相続人になるべき人のことです。一般的には相続が開始した時点で最優先順位にある法定相続人のことを指します。

第一順位の相続人が存在する場合には、配偶者ならびに子ども、その代襲者となります。相続が開始された時点で第一順位の相続人がいなければ、第二順位の相続人である直系尊属も推定相続人となる可能性があります。

ただし、相続欠格や相続排除、その他の理由により、推定相続人が最終的な相続人になるとは限りません。

このページの上部へ