【後見人】こうけんにん

財産に関するすべての事項で未成年あるいは成年被後見人の法定代理人となる人のことです。ただし、未成年者の場合には本来法定代理人となるべき親権を行使する人(親権者、父母、養親)がいないとき、または親権者に財産管理権がないときにだけ後見人は置かれることになります。

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人に対しても、本人、配偶者、四親等内の親族、検察官、市町村長などの申し立てによって、家庭裁判所が審判で定めることができます。

また、自分の後見人になってもらう人を自ら選び、その人と任意後見契約を公正証書で結ぶ「任意後見制度」もあります。

このページの上部へ