【後見監督人】こうけんかんとくにん

後見人を監督する人のことです。

後見人が任務を怠ったり、不正な行為を行わないように監督する役割を担います。

法定代理人が日常的、全般的に本人の代理をするのに対して、後見監督人は日常的に代理権がなく、特別な場合にのみ代理権を持ちます。

後見監督人は後見人がいるからといって常に選任されるわけではなく、必要に応じて選任されます。

このページの上部へ