【単純承認】たんじゅんしょうにん

相続人が被相続人の権利義務を継承することを無条件で承認し、プラスの財産もマイナスの財産もその一切を継承することです。

相続放棄や限定承認が一定の手続きが必要であるのに対し、単純承認には特別な手続きはいりません。

被相続人が死亡し、相続が決定してから3カ月の期間内に相続放棄も限定承認もしなかったときに、単純承認したものとみなされます。

このページの上部へ