【財産】ざいさん

個人や団体が所有する金銭、土地・建物、証券、商品、権利など経済的価値のあるものの総称をいいます。

財産には、不動産、現金・預貯金などのプラスの財産(積極財産)と借入金などのマイナスの財産(消極財産)があり、相続においては借金も財産に含まれます。

被相続人に債務があった場合は、相続の放棄をしない限り、相続人がその債務を負担しなければならなくなります。このため、相続税の計算では、相続人が負担する債務は相続財産から差し引くことができるようになっています。

このページの上部へ