【未認知】みにんち

親が子どもの認知をしていないことをいいます。

相続権は認知を受けることで発生します。たとえ子どもであることが事実で、それが証明されたとしても認知請求をしないのであれば権利を放棄したとみなされてしまいます。

認知は親が自ら行う以外に裁判によって認知を請求することが可能で、子どもであることが証明できるのであれば認知は認めらます。

また、認知請求は親の死亡後3年以内であれば検察官を被告として裁判をすることで可能となります。

このページの上部へ