【死後認知】しごにんち

父が亡くなった後、3年を経過するまでは訴訟を起こして認知を求めることができ、その期間に訴えを提起することを「死後認知」といいます。

結婚していない男女の間に生まれた子ども(非嫡出子)を男性が認知しないまま死亡した場合に父子関係を成立させるための制度です。

この場合、父は死亡しているため、子どもまたは子どもの法定代理人は検察官を被告として当事者の住所地を管轄する家庭裁判所に認知請求の訴えを起こすことになります。

父の死亡から3年を経過してしまうと認知ができず、相続人としての権利もなくなってしまいます。

このページの上部へ