【遺産分割協議】いさんぶんかつきょうぎ

遺言書がない場合または遺言に記載のない財産は、相続人全員で話し合って、誰がどの財産を相続するかを決めていくことになります。この話し合いのことを「遺産分割協議」といいます。

この遺産分割協議は相続人全員の合意が得られないと成立しません。1人でも参加していない人がいれば無効ですし、1人でも反対する人がいれば遺産分割はできません。

反対に、全員の合意があれば法定相続分と異なる分割をすることも可能です。相続において最もトラブルが起きやすい場面ですので、心してのぞむことが大切です。

遺産分割協議の話し合いがまとまったら、必ず遺産分割協議書を作成しましょう。

このページの上部へ