【遺産分割】いさんぶんかつ

被相続人が遺言を残さずに亡くなった場合、被相続人の遺産は相続人全員の共有状態となります。相続人が遺産を相続してもそれをいつまでも共有状態にしておくと、財産の管理・利用・処分のうえでさまざまな障害が生じます。

そこで、この共有状態を解消して、それぞれの相続財産ごとにその相続人を決めることを「遺産分割」といいます。

このページの上部へ