【相続人】そうぞくにん

相続は人の死亡によって開始しますが、死亡した本人のことを「被相続人」と呼び、被相続人と一定の身分関係にある配偶者、子ども等のことを「相続人」といいます。

遺言がない場合や遺言が法律的に有効なものでない場合には、民法の規定により相続人になれる人の範囲と順位が決まります。この民法の規定により相続人となる人のことを「法定相続人」といいます。

相続人は、相続開始のときに被相続人に属していた一切の権利義務を継承します。

このページの上部へ