相続について

相続とは"ある人が死亡した場合,その死亡した人の財産上の法律関係が相続人に移転すること"をいいます。亡くなった方のいろいろな形態の財産を相続人はひとまとめにして受け継ぐことを意味します。

相続人とはどういう人のことをいうのでしょうか?亡くなった方を被相続人といいますが,この被相続人の財産を受け継ぐ権利のある人が相続人なのです。

遺産相続のしかたには,遺言による遺産相続と法律の規定に従って相続する法定相続があります。

遺言相続は法定相続に優先する

遺言がない場合や,遺言があっても記載の不備などで法律的に有効でない場合は,法律に従った法定相続が行われ,だれがどれだけ相続できるかといった相続の範囲や相続分が定められます。法定相続はあくまでも遺言の定めがないときに適用されるのであって,法律的に有効な遺言書がある場合 は,遺言相続が優先することになります。具体的なお話は,当職までお問い合わせ・ご相談下さい。

このページの上部へ